もし、事故にあったら?

title_accident

もしも交通事故にあってしまった時は、あわてずに以下の要領でご対処ください

img_accident1img_accident_title1

車を止めずに事故現場から離れた場合「当て逃げ」「ひき逃げ」とみなされる場合があります。


img_accident2img_accident_title2

 

「119番」に電話して救急車を呼んでください。


img_accident3 img_accident_title3

 

二次災害を防ぐためです(停止表示板・トランクを開ける・発炎筒等)ただし、事故現場の状況・位置は確認しておく。


 

img_accident4

img_accident_title4

「110番」に電話してください。事故が発生した時は、人身事故、物損事故を問わず、もよりの警察署へただちに届け出なければなりません(道路交通法第 72条)保険金請求の際、交通事故証明書を提出することが必要です。提出しないと保険金が支払われない場合がありますのでご注意下さい。尚、人身事故の場合には、警察署への届出の際に、人身事故であることも明確に伝えて下さい。事故現場で「示談(具体的な約束)」はしないでください。


img_accident7

img_accident_title5

 

名前、住所、日中の連絡先(携帯電話番号など)車のナンバー、車種、損害状況、任意保険の会社名など。


img_accident6

img_accident_title6

 

過失割合が問題になる場合は、道路状況・衝突地点・停車位置・スリップ痕などの記録(メモ・写真)が重要です。特に信号の色が問題になる場合は、自分の車に乗っていた方以外で目撃者の方の名前・連絡先等をお聞きしてください。


img_accident7

img_accident_title7

 

現場からすぐに電話しなくても差し支えありませんが現場の道路状況等を良く確認してご報告下さい
・事故の日時、及び事故状況
・相手(被害者)の住所・氏名
・目撃者がいる場合は、その人の住所・氏名
・損害賠償の請求を受けた場合は、その内容

 いったん保険会社に報告したら、あとは全部やってくれるんでしょ?

こちらに過失があると思われる事故の場合、相手方との示談交渉は保険会社主導で行われることが確かに一般的です。

でも、やはり人と人の交渉ごとです。明らかにこちらが悪いような場合や、相手の方がケガをされたような場合は、やはりご自身の謝罪の気持ちを改めて直接お伝えいただくことも大切です。それがスムーズな示談交渉にもつながります。

 

subtitle_accident03

自動車事故、その他の事故で連絡をお急ぎの場合は、保険会社の24時間事故受付窓口をご利用ください。

jiko_toukaijiko_sompojapanjiko_mitsui

 

 

contact01